にじいろのさかな - 子供の絵本・本

絵本とおもちゃと、子供との暮らし。

大好きなおもちゃと子どものこと。

にじいろのさかな

にじうお1

みなさんがお子さんのために絵本を選ぶ基準ってなんでしょう?
私の場合、何度も繰り返し出版される、ロングセラー絵本であることが多いです。

長い間たくさんの子どもたちやママたちに読まれてきた。
それだけで十分、手に取る価値があります。

このにじいろのさかなは1995年に出版されたようですが、この絵本もその中の一つだと思っています。

谷川俊太郎さんの訳詞はとても詩的で、なぜだか不思議な空気感が漂っています。

にじうおは自慢のきらきらうろこを持って生まれた特別な魚。
そのきらきらうろこは、他のどの魚も憧れる、光り輝く虹色のうろこ。

どんな魚だって、そんな素敵なうろこを分けてもらいたい。
だけどにじうおにとったら、そんなことはお構いなし。
自慢のうろこ、誰にだって分けてあげないよ。

そのうちにじうおは、だんだん辺りに他の魚がいなくなってくることに気がつく。
なんで誰もほめてくれないの?

にじうお2

この絵本を息子に読むようになったのは2~3才頃、だったでしょうか。
この大ダコのシーン、実は少し怖かったようなんです。
でも、読んでと度々持ってくることや、読み終えた後の満足げな表情からこの絵本が好きなんだなってことが良くわかります。

絵本って、たとえば親がいくら言い聞かせたって聞かないことだって、もしかしたら理解してくれるかもしれない。
そんな可能性を秘めていませんか?
読む時期が早くても遅くても、きっと心に響いてくれている。

深い青い海の中は神秘的で幻想的。
キラキラと輝くうろこを持つにじうおは、みんなに宝物を分けてあげることで初めて自分の本当の幸せを感じることが出来たのです。

美味しいものを、誰かに分けてあげる、おもちゃを貸してあげる、一人占めするのではなく、みんなと幸せを共有する。
小さい子になるほど、難しいことかもしれないけど、この絵本が、その手助けをしてくれるかもしれないですね。



でも今思い起こすと当時はそんな考えなんかちっともなく、ただ読んであげていただけなんですけどね・・・



関連記事

 外国の絵本,

8 Comments

ひいち  

No title

こんにちは。

私もこの本大好きです☆

Imoonさんの本のチョイス素敵です~♪

2010/09/12 (Sun) 12:05 | EDIT | REPLY |   

てらこ  

とても綺麗ですよね

こんにちは。

子供に読ませる絵本選びって迷いますよね。
最初は自分が読んでみて面白かったものを選んでみたり、息子に興味があるカテゴリーの本を選んだりしてました。
ネットでレビューをみて決めることもありますね。
でも今は本人に選ばせて購入するシステムです。
自分が選んだ本だから喜んで読んでくれてます。

私はこの「にじいろのさかな」は持っていませんが
マーカス・フィルターさんの絵本原画展に行ったことがあります。
絵本同様、にじうおのいる世界が広がってる感じでとても綺麗でした。

Imoonさんのおっしゃる通り、絵本が導いてくれることってあるかもしれませんね。
でも私もただ読んでるな~。
絵本を読んで、いいこと悪い事を見極めたり、気持ちを共有したり、思った事を発言させるのって大事かも。
ゆくゆく小学校に上がってからの読書感想文に役立つかもです!

2010/09/12 (Sun) 16:08 | EDIT | REPLY |   

houkisou  

絵に魅せられて。

まるで写真集のような綺麗な絵に、初めてみた時は衝撃でした^^*本当に綺麗に輝いていて。
我が家は持っていませんが、綺麗な本なので、図書室の目立つ処に飾りました。
欲しいけどお高い(笑)
絵本を選ぶ基準・・・難しいですよね。その年齢に応じた絵本を選んであげたい。でも買う時は自分の好みが強く出てしまっているかもしれません^^ゞ
絵に惹かれて買うことも有り。はたまた一読して内容に一目惚れすることも(*^^*)
「みんなと幸せを共有する」Imoonさんの仰るように大事なことですよね。優しい気持ち、絵本からも育まれると、私も信じていますよ^^v

朝晩そちらもやはり肌寒くなりましたか?
風邪には気をつけましょうね♪

2010/09/12 (Sun) 20:56 | EDIT | REPLY |   

Imoon  

ひいちさんこんばんは!

訪問ありがとうございます!
ひいちさんもお好きなんですね~!
ひいちさんにそういっていただけると
とっても嬉しいです♪
またお待ちしてます!

2010/09/13 (Mon) 00:57 | EDIT | REPLY |   

Imoon  

Re: とても綺麗ですよね

てらこさんこんばんは!。

> ネットでレビューをみて決めることもありますね。

こういう方が多いんじゃないですかね?
評判のいい本と言うだけで裏付けがありますからね。

> でも今は本人に選ばせて購入するシステムです。

小学生に上がったら、帰って親が全て選んでしまうより、
自分で選んだ方が本への興味や読みたい意欲が継続できるんじゃないでしょうか?
なのでとても素晴らしいと思いますよ!

そうなんですか~
原画展に行かれたんですね!
原画を見ると引き込まれるでしょうね!
紫がかった深い海の色合いがとってもキレイですね。

> でも私もただ読んでるな~。
うんうん。
そういうことも多いし、大人が思ってるより、子どもの方が先に感じ取ってるかも
しれないですよね。
子どもは大人よりず~っと、純粋な目で見ていますから....

てらこさん、いつもたくさんコメントありがとうございます!

2010/09/13 (Mon) 01:12 | EDIT | REPLY |   

Imoon  

Re: 絵に魅せられて。

houkisouさんこんばんは!

houkisouさんは図書室で司書のお仕事されているんですよね!
ならば絵本を選ぶ目も肥えてらっしゃるハズ!

> 絵本を選ぶ基準・・・難しいですよね。その年齢に応じた絵本を選んであげたい。でも買う時は自分の好みが強く出てしまっているかもしれません^^ゞ

確かに...!
うちの場合、男の子でけっこう好みがハッキリしているので,
もうママの好きなの、ってだけでは読んでもらえない事が多くなりなした...
でも年齢に応じた本、っていうのは知識としても目安としても参考になりますし、
難しいですね。

> 絵に惹かれて買うことも有り。はたまた一読して内容に一目惚れすることも(*^^*)

一番の大事な入り口ですね♪

> 「みんなと幸せを共有する」Imoonさんの仰るように大事なことですよね。優しい気持ち、絵本からも育まれると、私も信じていますよ^^v
そんな優しくなれる気分を味わえる絵本っていいですね!

houkisouさんも風邪などひかないように
気をつけましょうね~♪
またお待ちしています!
コメントありがとうございました!

2010/09/13 (Mon) 01:29 | EDIT | REPLY |   

ちあき  

No title

こんばんわ!

虹色の魚は1才になったとき息子ちゃんに図書館でみせたらキラキラが気に入ったみたいでよく眺めてました。
お話は長いのでまだまだ早いけど・・・
いい本ですよね~

いまは絵からはいるのが多いけど、そのうち内容もともなっていけたらいいなあ~とおもいます。

2010/09/13 (Mon) 22:53 | EDIT | REPLY |   

Imoon  

Re: No title

こんばんわ!
ようこそお越し下さいました~
> いまは絵からはいるのが多いけど、そのうち内容もともなっていけたらいいなあ~とおもいます。
そうですね!きっとそうなるのもすぐのことですよ~
私はお話が長くても、聞いてるので読んじゃいましたけどね...
今となっては無謀だったかもしれませんが(汗)

絵本好きなお子さんになるといいですね♪
またお待ちしてます!

2010/09/13 (Mon) 23:00 | EDIT | REPLY |   

Add your comment