スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新入学のための筆箱はシンプルなものを。

時期的に新入学のために筆箱を探している方が多いようです。そろそろ袋物や筆記用具などもどれを揃えたらいいのか頭を抱える時期がやって来ましたね。

ドイツのヘルリッツペンケース

これは息子のお出かけ用ペンケースです。ドイツ・ヘルリッツのもので東京のスコスさんで数年前購入したものです。
外泊や外出の時は布製で軽いペンケース、学校では鉛筆がきちんと刺さる筆箱、と使い分けています。

新一年生にこそ長く使えるシンプルな筆箱を。


新一年生ならやはり、シンプルな筆箱がいいでしょうね。
両面開き、鉛筆削り付き、ポケットが無駄に付いていたり、キャラクターが目立ちすぎるもの。多機能過ぎるものは個人的に好きではないのでこのあたりは除外するとして。

息子の小学校では筆箱はあえて机の上に出さないよう指導しているようです。(使う鉛筆、消しゴムだけ予め出しておく)理由は分かりませんが、なんとなく想像は出来ますね。

私が筆箱を捜し求めていた2年前に比べ、今の方が少し選択肢も増えたような気もします。長く使えるように革製の筆箱だったり、ゾウが踏んでも壊れない筆箱だったり(?)根気よく探せば、きっとお気に入りに出会えるはず・・・。
ちなみに2年前、管理人は日本製の古い筆箱を選びました。今は青いチェックの筆箱を使っていますが綺麗ですよ。息子も大事にしています。

たくさんのモノが溢れている今の日本。
物を大事に、長く使えるようなシンプルな筆箱、こだわりの筆箱を新一年生になった時に購入してあげる。こういう考えも大いにありかもしれません。

お気に入りの筆箱が見つかりますように♪

懐かしいデザイン、小泉製作所 COBU(コブ) 革製筆箱


革製のしっかりとした作りの筆箱は、長く愛用できるはず。

軽くてシンプルデザイン、クラリーノの筆箱


キャラ物がNGの学校の場合、クラリーノを選ぶ方が多いようです
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。