スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コクヨ・小学生のためのシャープペン、キャンパスジュニアペンシルを買ってみました!

コクヨから発売になっている小学生のためのシャープペンシル、なるものを試しに購入してみたところ、すこぶる書きやすい!と息子に好評のため紹介したいと思います。これはなかなか優秀なアイテムですね!

キャンパスジュニアペンシル

(漢検対策のための漢字練習をシャープペンシルでやってみました。)

母がシャープペンシルを使い始めたのはおそらく中学生になってからだったと記憶していますが、今は小学生用!と銘打った商品があるんですものねぇ~凄いことです。しかも安心安全のための様々な工夫が施されていますからねぇ。

小学生のためのキャンパスジュニアペンシル・子供用シャープペンシル



小学生のための、鉛筆感覚で書くことができる六角軸シャープペンシルです。鉛筆と同じ六角形のエラストマー樹脂をコーティングしたソフトグリップを採用。鉛筆に近い感覚で正しいもち方を学ぶことができます。芯が太いので折れにくく、お子様の鉛筆からシャープペンシルへのスムーズな移行を実現します。1.3mmと0.9mmの太芯を採用。力を入れて書けるので、太く濃い字を書くことができます。小学校低学年は1.3mm、小学校高学年は0.5mmのシャープペンシルへのステップとして0.9mmと、成長に合わせてステップアップできます。尾栓を外れない設計にすることで、誤飲やキャップでの遊びを防止。また未使用時はペン先が収納できる設計で、芯の減りに合わせて金属製のスライダーが移動するチップスライド機構を搭載しています。


鉛筆と同じく6角形となっているので握ってみても違和感がありません。逆に滑りにくい加工が施してあるため手にフィットし握りやすい。そして最大の特徴としては筆圧の高い子供でも芯が折れにくい、ということですよね。

削りたての鉛筆のような書き心地が長持ち、キャンパスジュニアペンシル


ペン先が収納出来たり、替え芯を入れるキャップ部分が外れない仕様になっているので安心ですね。1.3ミリタイプから使い始め、小学校高学年で0.9ミリにステップアップしていくようになっているそうですよ。
我が家は息子(小3)の希望により0.9ミリタイプを選びましたが、けっして細すぎるということはなく、削りたての鉛筆のような状態でいつまでも書ける、といった感じです。

これは・・・・便利すぎる・・・。

ペンは水色とピンクの2色、1.3ミリと0.9ミリタイプがあります。



1.3ミリタイプのデザインは黄色がアクセントでより可愛らしいデザインになっていますね?

手動でシャカシャカ削る鉛筆ももちろん大好きですけれど、時と場合によりこういった便利アイテムも使い分けが出来るといいですよね。例えば荷物の多い帰省時、お出かけの時、塾、などに。

替え芯はBと2Bがあります




KOKUYOからは小学生向けの消しゴムも発売になっています。これも機会を見て試してみたいな~、と思っています。

関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。