英語と国語の教科書ガイドで定期テスト対策 - スポンサー広告中学校

絵本とおもちゃと、子供との暮らし。

大好きなおもちゃと子どものこと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語と国語の教科書ガイドで定期テスト対策

ガイド

現在中2となったムスコです。
クラスの大半が塾へ通う中、変わらず塾なしで中2を乗り越えようとしております。

さてさて、中1入学時に教科書ワークを揃えたという記事を書きましたが、結局中2では購入しませんでした。
教科書準拠で購入したのは教科書ガイドのみ。

我が家の場合、教科書準拠のワークは学校支給の物だけで十分でした。
(他の問題集やスタディサプリは使っていますよ。)
学校のワークがない場合は教科書ワークはあった方がいいでしょうね。

ワークとはコレ↓
教科書の内容に沿った問題集です。定期テスト対策に使用します。

教科書ワーク

教科書準拠のワークやガイドは、自分の学校の教科書と同じ出版社のものでないといけません。
予め調べてから購入するようにします。

 

英語の教科書ガイドは日本語訳が出ているので必要です。
教科書本文が正しく和訳出来たかの確認に使います。
単語の意味も出ているので、予習用に使っています。

国語のガイドは授業で習った部分の復習用に、テスト前に内容をおさらいするために使うことにしました。
国語については次も買うかどうか・・・は保留状態です。
どちらかというと漢字が多い気が・・・ここはあまり要らないかな。
英語のガイドはやはり和訳が必要なので3年になっても購入するつもりです。

ー以下独り言ー
どちらも見やすいレイアウトや色使いか、使いやすいか、というと決して花丸ではないです。
英単語もいきなり数ページ飛んだりしているのでそのへんどうにか・・・あとは価格。
英語の音読CDも別売りですからね。
学校英語の勉強に必要な教材を(和訳と音声)を揃えようと思うと5000円必要なのですね。



英語に関しては必要経費として納得するようにしていますが、やはり高いよな。

でもこれらのおかげで(多分)、定期テストや実力テストでも良い結果が出せていますので、英語に関しては良かったのかな、と思います。


関連記事

 学校の教材,

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。